シングルマザーへの支援制度とは、児童扶養手当等、各市町村単位のものや、医療費の助成制度などがあります。
お住まいの市町村によって手続きが異なる場合もありますので、詳しくは市町村の窓口で確認してください。
ほとんどの制度は収入によって支給額、助成額が異なります。
また、こういう制度とは自分から問い合わせていかないと、本来支給される可能性のある手当や助成金が受けられないままになってしまいます。
自治体から、貴方はこういう支援を受けられますよ、というようなお知らせが届くことはありません。
また、受けてこなかった支援をさかのぼって受けることもできません。
お住まいの自治体にシングルマザーに対するどういう制度があるのかを窓口でしっかり確認して、手続きするようにしてください。
しかし、最初から窓口でどう相談したらいいのかわからない場合は、「ひとり親支援窓口」や母子福祉団体などの相談窓口などで確認してから、自治体の窓口へ行くといいでしょう。
人口減少に悩む自治体の中には、シングルマザー限定で、仕事をあっせんし、住まいを提供し、自家用車まで貸出するとこともあります。
生活スタイルに合わせて適切な支援を受けることができるよう、経験豊かな、信頼できる相談施設を作っておくことが、生活の安定にもつながります。

single01

シングルマザーの生活費の平均はいくらくらい?

現在日本ではシングルマザー世帯が100万世帯程度あり、生活費の平均がいくらくらいかというと、年収の平均が180万円となっているので、それを単純に12か月で割ると、月15万円ということになります。
しかし、年収が平均以下のシングルマザーも多く、年収125万円以下の貧困層世帯がなんと48.2%にもなるのが実態です。
そうなると生活費は月10万円程度となり、家賃や光熱費、食費などを支払うと、これでは全く足りなくなります。
ここに児童手当や児童扶養手当が加算されます。
それがいくらくらいかというと、小学生が1人いる場合、児童手当は1万円、児童扶養手当が17000円の合計27000円が加算されます。
月15万円に27000円が加算されることで、何とか生活ができるという感じになりますが、贅沢はとてもできる状態ではありません。
生活費を切り詰めながら生活しているのが現状です。
貧困層世帯の場合は生活保護を申請しているケースも少なくないようです。
また、子供が小さいときは、いくらか生活できても、高校、大学と進む場合、シングルマザーは非常に厳しくなります。
そのため親の経済的格差が、そのまま子供の学力格差につながってしまうのが社会問題となっています。
生活費を切り詰めるにも限界があります。

single02

再婚が失敗する理由は何か?

シングルマザーというのは精神的にも経済的にも辛いもので再婚を考える女性も少なくありませんが、いろんな理由で失敗するケースも珍しくありません。
失敗の理由としては、再婚相手の男性の給与をあてにしすぎるという点もあります。
シングルマザーと結婚する訳ですのでお相手である男性もある程度は経済面のことは分かって結婚するものです。
ただし、再婚してすぐに女性が仕事をやめて家庭に入ってしまったりすると、男性としては大きな負担も感じてしまうものなのです。
また、1人で背負っていた経済的な不安などから解放されたことにより、女性の気持ちが緩んで太ってしまったような場合も再婚の失敗の理由になったりします。
要するの男性としてはその女性に魅力を全く感じることがなくなるわけです。
こうなれば男性は離婚を考えます。
従ってシングルマザーが再婚を考える際、お相手である男性のこともよく考えてあげることが必要になります。
男性にとっては女性の子供は自分と血がつながっていません。
従って慣れるまでに何かと気も使うものですので、そういった配慮も奥さんには必要になります。
せっかくいいお相手が見つかったわけですから、離さないようにしたいものです。

single03

シングルマザーが育児のストレスを発散する方法とは?

いくら我が子がかわいくても、育児というのはストレスが溜まるものですが、シングルマザーともなると一人で育児のすべてを担わなければならないので、不安や責任感からくるストレスは相当のものでしょう。
でも、ずっとがんばり続けていたら、ママだってまいってしまいますよね。
ここは上手にストレスを発散させて、いつも元気なママでいたいものです。
シングルマザーの方で実家や姉妹などの協力を仰ぐことができるなら、是非そこは甘えてしまいましょう。
1週間にほんの2、3時間でいいので、子供を預けて自分の時間を持つのです。
美容院に行ってもいいし、公園のベンチで缶コーヒーをゆっくりと飲むだけでも、溜まっているものが発散できるでしょう。
そして少しリフレッシュすることができたら、またがんばる気力も沸いてくるはずです。
シングルマザーに限りませんが、育児は長丁場です。
全部完璧にできる人なんかいませんし、逆にそんなに完璧なママでは子供の方が疲れてしまいます。
たまには手抜きや息抜きをして努めてストレスを発散するようにしましょう。
ママが笑顔になれなければ、子供も幸せにはなれません。
子どもの笑顔を守るためにもストレスを溜めないことは本当に重要なことなのです。

single04

関連ウェブサイトについて

シングルマザーの中には、経済的に苦しい状況になっている人もいます。
そういう方がどういった対策をしていけばいいのかについてはこのページで触れていますが、人によっては借金をして生活費をなんとか確保している人もいるかもしれません。
いつの間にか借金がとんでもない額になっていて、借金苦になってしまった場合には、こちらの関連ウェブサイトが解決のきっかけになる可能性があります。
http://jarrowmarch11.com/
サラリーマンの借金返済方法